性病クラミジアにはジスロマックのアジーが有効です

性病クラミジアにはジスロマックのアジーが有効です

尖圭コンジローマの感染や潜伏期間、症状について

尖圭コンジローマはヒト・パピローマ・ウィルスというウィルスによって感染します。
感染経路は主として性行為によるもので、オーラルセックスによっても感染します。
また、皮膚や粘膜の傷口に接触することで感染することもあります。
ウィルスが感染してから症状が出るまでの潜伏期間は1ヶ月~1年と長く、しかも、発症当初は自覚症状がないケースも多いため、治療が遅れる方も少なくありません。
症状としては、男女ともに同じような症状が出て、発症当初は何となく性器が痒かったり、軽い痛みを感じることがあります。
尖圭コンジローマの最も大きな特徴としては、性器や肛門の周辺にカリフラワーのようなポコポコとしたイボや、乳頭のようなイボができることです。
男性の場合は陰茎や亀頭、包皮の内側や陰のうにもできやすいです。
イボの色は薄ピンク色もしくは、茶色っぽいケースもあります。
ただし、イボが出ても痛い、痒いという症状が出にくいので、性器をまじまじと眺める機会が通常はない分、イボに気づきにくく、発症したことに気づかないケースがあるのです。
放置しておくと、イボは徐々に大きくなっていきますし、どんどん数も増えていきます。
なお、ヒトパピローマウイルスというのは良性と悪性があり、良性の場合は尖圭コンジローマの原因となります。
これに対して、悪性型の場合は子宮頸がんの原因になる可能性があります。
また、オーラルセックスによる悪性型の感染は、口腔がんの発生につながるといわれています。
尖圭コンジローマには、アルダラクリームで治療するか手術による除去が必要となります。
arudara